【遊戯王 カード考察】『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』考察

シェアする

TCGのレイジングテンペストに収録された海外先行カードの「SPYRAL」が、ついにエクストラパックに収録されて日本に上陸します。

ザ・ダークイリュージョンから収録され始めた「SPYRAL」ですが、個人的にぜひ使ってみたいテーマなので考察していきたいと思います。

『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』考察

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1900/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが「SPYRAL」カードの効果で特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

レベル4・戦士族・地属性…。

シンクロ先に《ナチュル・ビースト》があったり、《M.X-セイバー インヴォーカー》によるSSや増援でのサーチが可能。

《A・ジェネクス・バードマン》で手札に戻しても、ターン1の制限はありますが(1)の効果を使用できると今度は(2)の効果が発動します。

「SPYRAL Super Agent」をNS→戻して《A・ジェネクス・バードマン》SS→「SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)」(1)効果でSS→「SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)」(2)の効果発動という感じに回せますねb

チューナー・効果モンスター(制限カード)
星3/闇属性/機械族/攻1400/守 400
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果を発動するために風属性モンスターを手札に戻した場合、
このカードの攻撃力は500アップする。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』効果①

自分ではなく相手のデッキトップを言い当てる効果ですが、外しても特にデメリットはありません。

相手のデッキを落とすカードはいくつかありますが、特定のカードを相手のデッキトップに持ってくるのは、《鳳翼の爆風》で場のカードを戻すか《天変地異》で見るくらいかとおもっていましたが…同じく《SPYRAL》の《SPYRAL GEAR – Drone》で相手のデッキトップが操作できますねb

《天変地異》

永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのプレイヤーはデッキを裏返しにしてデュエルを進行する。

《SPYRAL GEAR – Drone》
効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 100/守 100
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手のデッキの上からカードを3枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):このカードをリリースし、自分フィールドの「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×500アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):自分の墓地からこのカードと「SPYRAL」カード1枚を除外し、
自分の墓地の「SPYRAL Super Agent」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

《SPYRAL GEAR – Drone》については、また後日考察します。

チェーンを組む特殊召喚効果なので《増殖するG》を打たれる可能性もありますが、レベル4で自身の効果で特殊召喚しやすいカードあまりない印象です。

《フォトン・スラッシャー》や《H・C 強襲のハルベルト》くらいでしょうか。
SSの確実性はないものの、レベル4・戦士族で自身をSSする効果を持っているのでもしかすると汎用出張カードになるかもしれませんねb

『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』効果②

『SPYRAL』の効果で特殊召喚された時に、相手の場の魔法・罠カードを破壊する効果。

『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』自身の効果でも発動するので、(1)の効果が決まると1アド稼げます。

『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』考察まとめ

自身を特殊召喚をする効果を持ち、また自身を含めた「SPYRAL」の効果での特殊召喚に成功すると、相手の魔法・罠カードを破壊できる攻撃力1900と、下級では高い部類に入る攻撃力のモンスターです。

名称縛りでのターン1制限があるもの今後の『SPYRAL』で起点になる重要なカードだと思いますb

かなり使ってみたいテーマなので、発売が待ち遠しいです。

『SPYRAL』という名前は、「SPY(諜報員)」と「SPIRAL(渦巻き)」を文字っているようで

MTGですと名前が『渦巻く諜報員』とかになりそうだなと思ったり(笑)

と言う感じで、日本語名がどんな翻訳になるのかも気になっていました。
※「SPYRAL-ダンディ」でした。

来日時にリンクモンスターも出る「SPYRAL」。

どう環境に食い込んでくるのか今から楽しみでなりません♪

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございましたφ(^ー^)ノ

今回は『SPYRAL Super Agent(SPYRAL-ダンディ)』と同じく海外のザ・イリュージョンに収録された『SPYRAL Quik-Fix(SPYRAL-ジーニアス)』について考察です。『SPYRAL Quik-Fix(SPYRA
「SPYRAL」シリーズの考察が続きます。今回は「SPYRAL Super Agent」や「SPYRAL Quik-Fix」の記事にて名前が出ています『SPYRAL GEAR - Drone』についての考察です。例によって収録は海外のザ・ダ
「SPYRAL」シリーズの考察。 今回はTCGのインベイジョン・オブ・ヴェノムに収録の『SPYRAL Master Plan』についての考察です。『SPYRAL Master Plan』考察《SPYRAL Master Plan》効果モンス
「SPYRAL」シリーズ考察も第5弾。今回の考察カードは海外版レイジングテンペストに収録されている『SPYGAL Misty』です。『SPYGAL Misty』考察『SPYGAL Misty』効果モンスター 星4/闇属性/魔法使い族/攻15
「SPYRAL」シリーズ考察、第6弾。そろそろ「SPYRAL」系のモンスターも今回で紹介し尽くしたでしょうか?今回の考察カードは海外版インベイジョンベノムに収録の『Charming Resort Staff』です。それではさっそく見ていきま