【遊戯王VRAINS】第50話「転校生、穂村 尊」クサナギさんにフラグが乱立している・・・!(海外の反応・感想)

今回のあらすじ
遊作と同じ学校へと転校してきた穂村尊(ほむらたける)の正体は、Playmakerに手を貸したSoulburner(ソウルバーナー)だった。遊作の同級生となった彼は、自身の持つイグニスと共にサイバース世界の崩壊、そして新たなる敵の存在について遊作に語り始める。


【スポンサーリンク】

【遊戯王VRAINS】第50話 海外の反応・感想

今回のエピソードでシーズン2の話の流れが概ね分かった感じだね。


プロット的には重要な情報が多かったと思う。ボーマンを文字通り操っている巨悪がサイバース世界に攻撃を仕掛けたみたいだね。それにしても記憶を毎度取られつつ、嘘をモチベにされていたとは・・・。

>気の毒なキャラだよね。ガチで洗脳されてるだけという。

>あれってハルは実際はボーマンの兄弟ではなくて、ずっと洗脳下で操ってるだけなのかな?

>ボーマンは実はロスト事件の被害者とかいうことないかなぁ。彼の元の記憶から、サイバース世界の防御を破ったとかさ。恐らくジンの記憶を奪ったのも、サイバース世界の生き残りを始末する為だろう。


話の展開としては面白いものだと思う。剛がまた遊作を追いかける立場にいるのはなんだかなぁ、と思うけど、言ってることだけが全てではない感じもするな。

>子供達の事以外だと、剛は結構損な役回りだし、プライドも傷つけられてはいると思うんだよね。次回の話でそういうのを払拭してくれればいいんだけど、もしかしたらもっと大きな過去の話があるのかもしれない。


まさかタケルが1話で遊作と観覧車デートをするようになるとは・・・。

>このエピソードの話って引き延ばそうと思ったらいくらでも引き延ばせるからスマートではあった。


ソウルバーナーとフレイムはプレイメイカーとイグニスの逆バージョンな感じがしたなぁ。


キャラ達の関係性を更に進展させたいいエピソードだった。葵とエマがリアルで会ってたのも気になるね。(というか、財前ニキは葵を子供としてではなくミッションを共に遂行する人物として見てたね!YaaY!これも一つの進展だ!)


クサナギにフラグが乱立している・・・後々プレイメイカーとソウルバーナーが弟の記憶の奪還に失敗して、クサナギが暴走しても驚かないよ。


すまない、眼鏡を掛けたキャラを見ると、どうしても裏切る気がしてならないんだ・・・。

【遊戯王VRAINS】第50話 感想

今回はプロットオンリーの話でしたね~。あれ、結構久しぶりなような気が?ヴレインズは話がしっかりしているのが魅力の一つでもあるので、こういう話も好きです。今回もスマートに進められてましたね~。(観覧車デートには笑いましたw)

ハルとボーマンのボス、割と背が低い?人のようですね~。まぁアバターなので分かりませんが、コウガミ博士の線は消えた・・・んでしょうか?新しい敵キャラは遊作がハノイと戦っている最中にサイバース世界を襲ったのでスペクターの線もなし。完全新キャラなのか或いは・・・。

次回の話では剛鬼塚が!う~ん、割と負けっぱなしの彼ですが、今回はどうなるのか・・・。「お前の相手をしている暇はない!」とか次回予告でプレイメイカーに言われちゃうという。カワイソス・・・。今までの状況的に、ちょっと剛を応援したくなる気もします。

コメント

  1. きょいちさんのファン より:

    ボーマンの扱い…
    とはいえ記憶を毎回消してまで使い回すあたりかなりの重要キャラっぽいですね
    サイバースを使っていましたし、なによりAiのプロテクトを破るぐらいですし、ロスト事件の被害者説もありえなくも無い気がします
    まあフレイムが想像以上にポンコツだったりソウルバーナー(元引きこもり)だったりキャラ付け回って感じでしたね…
    とはいえ今後もロボッピとのやり取りが続き、リンクリボーも参戦してあのくだりがより面白くなりそうでうれしいです笑