【遊戯王 海外の反応】 2019年10月OCG制限改訂 コンボを行う上での確実な起点を規制する方向かな?

今日から遊戯王は新制限改訂下!

今回の制限改訂は「え?」っていうカードが結構緩和されましたネ。

というわけで、遅ればせながら、OCG2019年10月制限改訂に関する海外の反応をお届けします~m(_ _)m


【スポンサーリンク】

2019年10月OCG制限改訂 海外の反応

TCGの制限改訂に似たような動きになってきたね。ソウルチャージも禁止になったかぁ。何で穴埋めしようかな。

ソウルチャージはリンク以降完全なボムカードだし、規制されるのが遅すぎたくらいだよ。


死者蘇生とソウルチャージの立場はかなり明確な違いがでちゃったね。死者蘇生は今や「そこそこ」を超えて「悪くはない」程度の札、対してソルチャは大展開が可能なカードだ。あのカードがない状況なら、大型を早々にSSする必要も出てくるから、展開系のデッキには結構な打撃になるだろう。


ワンフォーワンが準制限、ジーニアス・リゾートが2枚、機械複製術が3枚とくると、SPYRALが再度環境に上ってくる可能性もあるんじゃない?既にrouge(稀にいる地雷)の位置にはいるみたいだし。


>その辺り、ここからはニビルの影響下にもなるけどどうなんだろうね。


エクリプスワイバーンの禁止はドラゴン系のデッキでのセイファート起動の乱用からして免れなかっただろうね。アガペに関しては、こっちではガンプラーが暴れていたけど、OCGではそこまでガンプラーは影響がなかったようだ。コンボの最重点としてアガペが問題だと見たかな?それにしても、ワイバースターまで規制する必要はあったんだろうか。サンダードラゴン関係で確かに有用なことはあるんだけども。


レディデバッカーの規制が緩和されたか。転生炎獣は少し楽にはなるだろうけど、まだ以前の強さは取り戻せないだろう。

デバッカーが準制限に戻ってきたのは@イグニスターを考慮してのこともある気がする。


規制の傾向的に、ドラコネットのようなコンボを行う上での確実な起点を潰していってるようだね。コンボ自体を不可能にするよりも、プレイヤーに代案を探して貰う狙いみたいだ。とはいえ、制限リストだけを見ていると、この規制が効果的なのかどうなのか、分からないところもあるけど。


トリシューラが無制限化って、なんかかつてのパワーを見てると衰退してる様を見るようで若干悲しいなぁ・・・。


見た感じ真竜は躍進しそうだね。あのデッキの命削りは本当にやばい。
>VRAINS期は真竜メタに始まり真竜メタに終わる可能性があるかぁ。気の早い話だけど、10期は環境がかなり固定化された期だったね。

(参考・意訳:https://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1309621 )

2019年7月OCG制限改訂 プチ考察

《十二獣の会局》、《ドラゴニックD》、《捕食植物オフリス・スコーピオ》、《妨げられた壊獣の眠り》、《竜呼相打つ》・・・9期中盤から9期末にかけてのとんでもないカード達が一気に戻ってきましたな。ちょっと面食らってしまいました(- -;) 竜呼だけ時期が違いますが、残りのカードは凄い環境的マキシマムクライシス感が。あの頃のデッキが見える見える。

このカード達、元のテーマの強化はもちろん、汎用性が高い展開札でもあるんですよね。会局が1枚戻ってきたところで十二獣はブルホーンがなければ単テーマとしては動けない状態でしょうし、何か大きい枠での展開力というか、デッキの構築の幅を広げる狙いを持った改訂だったんでしょうか。

真竜は既に結果を残しているようですが、ドラゴニックDを引いて弱いわけがないテーマ、むしろドラDもマスPもなしにそこそこの強さを維持していた強者なので、今後大会等で結構見ることになりそうですな。私も今メインは真竜にしてます。ドラD引いた時のドロー力が尋常じゃないです。そういえば元はこうだったなと・・・。(元々使っててドラD戻ってきてびっくりしました・・・)

SPYRALやネクロス等、他にもテーマとしての勢いが戻ってきたデッキもありますが、個人的には《妨げられた壊獣の眠り》が結構ミソになってるんじゃないかな、と思っています。2017/04/01まで、十二真竜一強時代まで、環境の状況もあって活躍してたカードですが、捲り力がハンパではなく。あのカードが2枚入れれるのならば、サイド採用やメインから戦略レベルで眠りを採用するデッキ(カグヤやコントロール等)も勢いが出てきそうです。なんしか打ったら強い。打った後も強い。凄まじいカードですネ。

いやはや、こんなに一気に危なっかしいカードが戻ってきたのは初めてじゃないですか?(- -;) 今後環境はどうなるのか、見守っていきたいと思います・・・!

コメント

  1. 澁谷 より:

    十二獣、spyral、真竜、公式は何を考えているのか。また蓋ゲーの始まりか。遊戯王はどんどんつまらなくなっていくね。

    • きょいち(管理人) より:

      開局はまだ悪用されてませんが、色々怖いカードばかり復活しましたね(- -;)
      制圧に対してニビルやライトニングストームが登場し、捲りのリスクは高まりましたが、制圧も制圧でまだまだ強く。
      この先は展開に寄せるかカウンターに寄せるかでプレイヤーの色も出てきそうですね~。
      (私は9期末期よりはマシだと思っています・・・(小声)

  2. きょいちさんのファン より:

    お久しぶりです!
    周りの元デュエリストを復帰させるため、あえて環境レベルの情報を絶っていました…
    今回は禁止は妥当な感じなので、緩和組の印象がでかいです。
    本当に9期復活かな?レベルでえらい思いきったことをしたなという点と、ダイアグラムの帰還がうれしい点は完全に同じです。
    それと会局がやばいやばいと言われていますが、それ以上にスパイラルがやばいんじゃ?というのが1番強く感じます。
    他にもABCやネクロス等の旧環境テーマも復活させてさらなる覇権争いの多様化を狙っているのでしょうか?
    この際、魔術師の規制もついでに解放しちゃいましょうか!(暴論)

    • きょいち(管理人) より:

      お久しぶりです~!布教活動お疲れ様です!
      もうこのカード達を見ると3年程まえのマキシマムクライシスを思い出さずにはいられないですねw
      会局は十二にブルが来ない限り、開局+少なくともヴァイパー+十二Exがいなければ採用できないので、今の状況だと展開キーよりも事故の方が多くなる気がします。

      仰る通り、私もこういうカードを復活させてデッキ構築の多様性を高めようとしているのかな、と思っています。
      真竜・スパイラルに関しては純粋に強化ですが、ニビル、ライトニング・ストーム、鹿等、カウンターカードも増えているのであくまでテーマ選択の一種になりそうです。
      魔術師は今でもかなり強いので保留でお願いします・・・!w制限でもエレクトラム効果を1ターンに2回使えるという(T-T)