【遊戯王 海外の反応】《旋壊のヴェスペネイト》 動きのカバーが出来る面白いカードだね!

《旋壊のヴェスペネイト》

エクシーズ・効果

モンスターランク5/地属性/機械族/攻2500/守2100

レベル5モンスター×2

「旋壊のヴェスペネイト」は1ターンに1度、自分フィールドのランク4のXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。このカードはX召喚されたターンにはX素材にできない。このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

(2):X召喚したこのカードが相手によって破壊された場合、自分の墓地のレベル5以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。


【スポンサーリンク】

《旋壊のヴェスペネイト》 海外の反応

基本的にはランク4の為のガイアドラグーンだね。②の効果がなかなかいい感じだ。

ランク4に強化が来るとは・・・。ガイアドラグーン枠が必要なのは他ランク帯じゃないかなぁ。


悪くないね。ガジェットとか、一定のランク4デッキにはいい潤滑油になるだろう。


地属性の機械族でもあるから、無限起動辺りで使ってみるのもいいかもしれない。


御影志士やデュガレス、ギアギアントXみたいな効果メインのカードが無効化されても一応のカバーができるようになるのはおいしいね。なかなか面白いカードだと思う。


地属性だからブロックドラゴンSSの為のコストを水増しできるのも嬉しいところだ。このカードは弱体化した十二獣を大きく強化できるし、バハシャみたいなデメリット効果持ちもアタッカーとして活用できるようになるから、間違いなく有用な1枚だよ。それに、このカードが破壊されたとしても、墓地からの蘇生で壁を張ることができるのもおいしい。効果も発動できるし。


今となってはエクシーズはかなりやり辛い、というかあまりやりたくない召喚方法になってるしなぁ。


①の効果の発動に素材コストがないのは寧ろデメリットとして設定されていそうだね。エクシーズの素材って基本重なっている間はゲームに存在しないも同然だから。

>逆に言えばカステルとかラギア、デュガレスみたいな素材を1回で使ってしまうエクシーズにはより相性が良さそう。

普通に召喚する分にはサイバードラゴンインフィニティがいるし、ランク4専用かな。

(参考・意訳:https://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1311878)

《旋壊のヴェスペネイト》 プチ考察

中々渋めの良いカードだと思います。2500打点に貫通効果って、実際やられると結構ダメージが大きかったりするんですよね。

最近の戦いだと耐性も妨害能力も持たないランク4が2ターン突っ立っていることは難しそうですし、自ターン内で発動できる美味しい効果を使いつつ、打点の底上げと疑似避けが出来るのは嬉しいところ。加えて②の効果で墓地モンスターの蘇生ができ、SS時の効果もそのまま発動出来る為、デッキによってはかなり仕事をする1枚になりそう。

個人的には十二獣の2ターン目以降ではかなり使えるなという印象ががが。ブルホーンなき今もはや打点の底上げが期待できない十二獣ですが、このカードを1-2枚入れることで基礎打点を確保、このカードに化かせる前にライカとタイグリスを使えば横に再度ドランシアを用意することもできますし、蘇生効果でラムを壁にすることも可能です。そんなわけで今十二教導に2枚採用していますが、エレクシア蘇生含め良い働きをしてくれますよ~。

あと打点が足らないゴーストリックでも、貫通効果も含めおいしいサポート役になってくれそうです。

ルールも改訂されエクシーズも以前に比べれば全然使いやすくなったものの、10期テーマはそもそもレベルがばらけている分エクシーズしづらいんですよね。時期が違えばとんでもないぶっ壊れカードになっていたかもしれません。

敵はやっぱり・・・Exの枠でしょうか(- -;)