【遊戯王】氷水啼エジル・ギュミル/氷水大剣現 ヒスイデッキの方針固まるカード。デッキレシピもかなりの変更がありそう。

イラスト爆アドテーマ、ヒスイのかなりいい感じの強化。これでようやくテーマの方針もデザインとして固まりましたね。


【スポンサーリンク】

新規シンクロのエジルギュミルは丸さという意味ではかなり優秀、ヒスイデッキではかなりの活躍を見せてくれそうです。エジル→ケンゲン→エーギロカシスで出すのが一番理想的なんですが、ここでケンゲンの効果発動に制約があるのが困りもの。こういうカードは先行取って出したい札だと思うんですよ。効果的にも相手の効果に反応しないといけない関係上、自分のターンに出したところでこれ自体が即座にカウンターになるわけでもないので。


そうなるとシンクロレベル10の競合であるバロネスとの択も難しくなる。バロネスは確実な妨害と自ターンでの破壊効果があるので、エジルより役割として瞬発力があり仕事も確実にこなしてくれる。対してエジルギュミルの方はターン跨いでジリジリと相手のリソースを削る役割。これが難しい。

相剣のようにシンクロ10がそこそこ出せるならともかく、現状ヒスイデッキでシンクロレベル10を狙う場合、エジル+エーギロ(相手ターンに装備して自ターンにSS)という流れになりやすいので、どうしても動きが相手のムーブによりけりなところがでてしまう。


これは今回の新規というよりヒスイデッキ全体の問題といった方が良いと思います。ハッキリ言ってしまえばヒスイの下級は場の性能が低い。リンク等で墓地に落としてから、リソース的な面で強さを発揮するカードが多いんですが、どうにもこうにも環境の速さについていけてないところはあると思います。なので実際、シンクロレベル10もちゃんと丁寧に状況見て出すカードを決めないと、失敗した時に取り返すのに時間がかかってしまったり。環境的な側面で言えば難しいのは間違いないです。


とはいえこのテーマ、強くなる土台はこれで十分にそろっていると思います。サーチ、妨害、サステイン、リソース、カウンター、割と手数は揃っている。今後新規を望むのであれば、パワーのある下級やリンクを望みたいですね。いいテーマだと思うので応援したいです。

【チャンネル登録も宜しくお願いします!】

【スポンサーリンク】




【Youtube かどらぼ 最新動画】
 


【チャンネル登録】

シェアする

フォローする