【遊戯王 海外の反応】《魂のしもべ》マジな話、ブラマジのゲームプレイを変えるカードだと思うよ。

《魂のしもべ》

速攻魔法

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の手札・デッキ・墓地から、「魂のしもべ」以外の「ブラック・マジシャン」のカード名または「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記されたカード、「ブラック・マジシャン」の内、いずれか1枚を選んでデッキの一番上に置く。

(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。お互いのフィールド・墓地の、「守護神官」モンスター、「ブラック・マジシャン」、「ブラック・マジシャン・ガール」の種類の数だけ自分はデッキからドローする。


【スポンサーリンク】

《魂のしもべ》 海外の反応

お、魔法罠だけじゃなく、モンスターも疑似的に持ってこれるようになるのはこのカードが初めてだね。墓地も対象に出来るってことは、デッキからトップだけじゃなく、墓地にある融合モンスターも再利用できるんじゃないかな。ブラマジガールもドロー効果の指定に含まれているのはありがたいな。


マジな話、これはブラマジデッキのゲームプレイやデッキ構築を変えるカードだと思うよ。これまではドローは他の壺類のカードに頼りっぱなしだったけど、もうそういうのに頼る必要もなくなる。強金も必須ってわけじゃなくなったから、Exデッキも使いやすくなるね。ブラマジデッキで出したいリンクモンスターがそこまでいないって問題はまだ残ってるけども。


ブラマジ、ガール、マハード、マナで4ドローかぁ。ブラマジデッキで3アド作れるポテンシャルのあるカードってすごいな・・・。


墓地にブラマジさえあれば永遠の魂をサーチできるようなカードだし、特に大きなドローがなくともいい仕事をしてくれるカードだと思うよ。


デーモンの宣告と併せて使うのも面白そうだ。


②のドロー効果を使わずとも、黒の魔導陣を打つ前にこのカードを発動すれば、疑似的にサーチになるのは中々面白いね。しかもどっちもロッドでサーチできる。


ティマイオスはまだサーチできないかぁ・・・。

>ブラマジ関連は未だにティマイオスがサーチできるのかできないのかで混乱するよ・・・。

>”「ブラック・マジシャン」モンスター”はカテゴリー指定、「ブラック・マジシャン」は特定のカード(通常のブラマジ)指定だね。ティマイオスでサーチできないのは、ティマイオスのテキスト内の記載がカテゴリーを指しているからだ。ブラマジでサーチ可能なものはテキスト内で《ブラック・マジシャン》単体を指さなきゃいけない。


>また随分とややこしい言葉だね。OCGからTCGへ訳す時の問題なのかい?

>ブラマジ関連のカード(ロッドや黒魔導陣)が初登場した時は俺らも随分と混乱したものだけど、一回理屈が分かってしまえば結構明白だと思うよ。どちらかと言えばTCGのテキストの方が違いがハッキリ明記されているかな。

(参考・意訳:https://www.pojo.biz/board/showthread.php?t=1310220)

《魂のしもべ》 プチ考察

ティマイオス、OCGでやってる身としてもややこしいです・・・。純粋なカード名を指定する場合はネットでのお決まりのように《この括弧で》括ってくれれば分かりやすくもなるかな・・・と思ったり。コンマイゴ、ムズカシイネ(- -;)

カード自体は非常に強力だと思います。シンプルに②指定のカードが1枚いるだけで疑似サーチになるのがありがたいですね。黒魔導陣での不確定アドの場面でもカードが引きやすく。

ブラマジデッキに入る②の効果対応のカードでメジャーなものはブラマジ・ガール・マハード・マナでしょうか。1年ほど前まではブラマジデッキにはブラマジ以外は入れずらいものだったのですが、去年のレアコレでガール(+マナ)が、今回のカードでマハードが入れやすくなりました。概ね4枚。試合の流れ上で達成できるのは2~3枚かと思いますが、初動を安定させ、また後半になればなるほどとんでもないアドバンテージを生み出す優秀なカードに。

命削りですらあれだけの制約があってようやく最大3ドローなことと対比するに、さらっと3-4ドローを墓地発動で確保できるポテンシャルがあるのは実際凄まじく、強すぎて変に感覚が狂うレベルのカードだと思います。ロッドからサーチしてこのカードで欲しいものをトップに置き2・3ドローでそのカードごと引き込む。エンゲージみたいな動きにもなりますね~。

最近種々ブラマジの強化がなされていますが、そろそろ環境レベルになってもおかしくない強化がなされているような気も・・・?