%e5%8f%ac%e5%96%9a%e5%b8%ab%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

 

 

フュージョン・エンフォーサーズにて、相手の墓地リソースを利用する融合テーマ「召喚獣」が登場!

某ゲームから出てきたみたいな、カッコイイデザインになってますね・・・!

 

というわけで、今回は召喚獣をご紹介いたしますm(_ _)m

 


スポンサーリンク


 

召喚獣しょうかんじゅう テーマ紹介・考察

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e5%b8%ab%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

 

 

いざ!

 

召喚獣 モンスター・魔法・罠

 

召喚師アレイスター

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e5%b8%ab%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

 

星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800

(1):このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

 

召喚獣の起点にして唯一のメインデッキモンスター?

このカードの②の効果から召喚魔術をサーチして起動していくことになりそうですね~。

①の効果は融合モンスター全般に対応しているので、タッチ採用した際にも活用できそうです。

 

召喚魔術

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e9%ad%94%e8%a1%93

 

通常魔法

「召喚魔術」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。

(2):このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

 

①は手札からの万能融合効果を持ちつつも、召喚獣を融合召喚する場合、相手の墓地のカードを素材として活用できる効果。

召喚獣は全属性に対応した融合モンスターが揃っているので、なんらかのモンスターをSSできそうですね。

 

②は除外されているアレイスターを手札に加え、このカードをデッキに戻す効果。召喚獣を召喚する場合、アレイスターが除外されるので、アレイスター召喚→サーチ→融合→アレイスターを手札に戻すという動きをループさせることができそうです。

手札からの融合として、召喚獣以外の融合で召喚魔術を用いる場合、フィールドのアレイスターが除外されずサルベージできない為、単発の手札融合としての扱いになってしまうことも。

 

召喚獣カリギュラ

 

%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%ae%e3%83%a5%e3%83%a9

 

星4/闇属性/獣族/攻1000/守1800

「召喚師アレイスター」+闇属性モンスター

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに、それぞれ1ターンに1度しかモンスターの効果を発動できず、それぞれのバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。

 

互いの行動をかなり制約する効果持ち。

守備力は低めですが、処理に困る場合も結構出てきそう・・・?

 

召喚獣ライディーン

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e7%8d%a3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3

 

星5/風属性/戦士族/攻2200/守2400

「召喚師アレイスター」+風属性モンスター

(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

月の書効果を持ったモンスター。

簡易融合で出せるレベル帯なのが嬉しいところです。

(属性・効果とステータスが去年の同じ頃に登場した超量エアロボロスと同じ・・・!)

 

召喚獣しょうかんじゅうコキュートス

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e7%8d%a3%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86%e3%82%b3%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b9

 

星6/水属性/ドラゴン族/攻1000/守2900

「召喚師アレイスター」+水属性モンスター

(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

(2):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。その場合、攻撃力の数値を適用してダメージ計算を行う。

 

対象指定耐性+効果破壊耐性。

ハムドオベリスクの耐性みたいな感じでしょうか。

守備力も2900と高めなので、壁として活躍してくれそうです。

 

召喚獣プルガトリオ

 

s_%e3%81%ae%e3%83%bc%e3%81%84%e3%82%81%e3%83%bc%e3%81%98

 

星7/炎属性/悪魔族/攻2300/守2000

「召喚師アレイスター」+炎属性モンスター

(1):このカードの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×200アップする。

(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

パンプアップ、全体攻撃、貫通!

かなり攻撃的な効果になっていますね~。

不知火デッキで活用できれば、墓地リソースの活用にも無駄がなさそうです。

 

召喚獣しょうかんじゅうメガラニカ

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e7%8d%a3%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%83%8b%e3%82%ab

 

星8/地属性/岩石族/攻3000/守3300

「召喚師アレイスター」+地属性モンスター

 

まさかの効果なし融合モンスター!

ステータスは6属性の中で最も高い上、地属性のモンスターは種類が多い為、よく見ることにもなるかも・・・?

 

召喚獣メルカバー

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e7%8d%a3%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc

 

星9/光属性/機械族/攻2500/守2100

「召喚師アレイスター」+光属性モンスター

(1):1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし除外する。

 

神の摂理を内容したモンスター。無効にした後の処理が除外というのがありがたい!

 

召喚獣しょうかんじゅうエリュシオン

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e7%8d%a3%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%82%b7%e3%82%aa%e3%83%b3

 

融合・効果モンスター星10/光属性/天使族/攻3200/守4000

「召喚獣」モンスター+エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター

このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱う。

(2):1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の「召喚獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

超大型召喚獣らしい融合素材でSSされるモンスター。

場にいる限り6属性すべてとして扱い、スペルスピード2でフィールド・墓地の召喚獣モンスターと同じ属性を持つモンスターを召喚獣ごと全除外できます。

これってつまり、このカードを対象にして②を発動した場合、フリーチェーンで相手のモンスターが全て除外されるということでしょうか・・・? 強い。

エクストラから出されたPモンスターも素材とすることができますね~。

 

暴走魔法陣

 

 

%e6%9a%b4%e8%b5%b0%e9%ad%94%e6%b3%95%e9%99%a3

 

フィールド魔法

「暴走魔法陣」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。

(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 

発動時にアレイスターをサーチし、その後の融合召喚をサポート。

最近流行りの強いフィールド魔法ですね~。テラフォでもサーチできるのでデッキの安定感がかなり増しそうです。

 

法の聖典

 

s_%e3%81%ae%e3%83%bc%e3%81%84%e3%82%81%e3%83%bc%e3%81%98

 

速攻魔法

「法の聖典」は1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドの「召喚獣」モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「召喚獣」モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 

サクリファイスエスケープ+融合召喚獣入れ替え効果!

召喚獣は各属性によって、抑止効果や突破効果があったりするので、状況に応じてモンスターを変えていきたいところ。

SS先の召喚獣は、融合召喚扱いとしてSSできるため、暴走魔法陣の保護をもれなく受けることができます。

対象回避に、メタの入れ替え、追撃、墓地リソース確保と、色々便利なカードになっていますね。

 

魔法名-「大いなる獣」

 

s_%e3%81%ae%e3%83%bc%e3%81%84%e3%82%81%e3%83%bc%e3%81%98

 

通常罠
①:除外されている自分の「召喚獣」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

除外されている召喚獣を任意の数だけ守備表示でSS。

蘇生制限は満たさなければならないものの、エリュシオンを一枚で蘇生させることができるのは強力。エリュシオンSS時に墓地の召喚獣を使用する場合は、そちらも合わせてSSできそうです。

名前がかなり珍しい・・・。

 

次のページで回し方の予想をば。

 

%e5%8f%ac%e5%96%9a%e7%8d%a3%e3%80%80%e6%ac%a1%e3%81%ae%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%81%b8

 


スポンサーリンク